髪もUV対策

MENU

できるだけ紫外線を浴びないように

顔や腕、首などのUV対策は頑張っている人は多いでしょうが、意外と見落としている髪の毛。髪の毛は帽子を被っていない限りはかなり紫外線にさらされる場所ではあります。しかし対策を何もしないままでいる人は非常に多いです。紫外線が髪の毛にどういう影響を与えるのかというと、髪の毛そのものにダメージを与えるのも当然なのですが。その奥の頭皮まで日焼けをさせてしまうことになります。頭皮の日焼けが原因となり、健康な髪の毛が生えてこなくなり、結果的に薄毛を招きます。

 

特に午前中〜午後の3時ごろにかけての紫外線は何とか阻止するようにしましょう。顔や肌と同じように、頭皮と髪の毛にもちょっと気を向けてあげてください。また、日傘や帽子が使えるときは使って紫外線をブロックしましょう。最近はUVカットできるスプレーやトリートメントなどがあり、髪の毛の紫外線対策も頑張っている人も増えてきました。

 

紫外線は薄毛だけでなく、白髪にも繋がるといわれています。健康な髪の毛を保つためには髪の毛のできるだけ紫外線を浴びないように工夫してくださいね。また、日が出ていなくても紫外線が出ています。曇りでも紫外線対策は必ずするようにしましょう。